• Baseball-Knowledge

オープンスタンスは難しい打ち方です


最近、小・中学生で「オープンスタンス」で打つ選手が増えました。

私が子供の頃はほぼ全員がスクウェアスタンスで打席に入っていましたが、今では半分くらいの選手はオープンスタンスの選手は結構います。オープンスタンスは少し投手側に身体を向けるため、ボールが見やすいんですよね。

視界を確保したい気持ちは分かります。

しかし、オープンスタンスは相手投手のレベルが上がるほどに対処が難しい打法です。最終的には打ちやすい打ち方で良いとは思いますが、今回はオープンスタンスとスクウェアスタンスの特徴について説明したいと思います。

「オープンスタンスは内角は打ちやすく、外角はバットが届かない」

これがオープンスタンスに対する定説ですが、半分正解で半分は間違いです。オープンスタンスでも左肩さえ開かなければ外角でもバットは届きます。ここではオープンスタンスの最も大きなメリットとデメリットを挙げたいと思います。

【メリット】「内角のスペース」を確保しやすい

外角はバットさえ届けばなんとかなりますが、内角はグリップとボールの距離を確保して「詰まる」を回避しなければなりません。内角を苦手とする野球選手は多いです。図のように身体を開くと内角のスペースを確保しやすくて開放感が出るので、内角のボールを詰まらずに捌くこと容易になります。

【デメリット】「打撃の奥行き」が潰れてしまう

「打撃の奥行き」という言葉は聞きなれないかも知れませんね。よく「懐が深い」という表現をされますが、ボールに対する前後の対応幅を指します。この前後の対応幅が投球の緩急に対応するだけでなく、コースへの対応幅にもなります。

上の図にもありますが、オープンスタンスは奥行きが潰れるので、懐は浅くなってしまいます

「オープンスタンス」といえば落合博満氏が有名です。

彼は右方向のホームランが多かったことも特徴です。彼はなぜあんなにたくさんのホームランを打つことができたのでしょう?

彼の左肩に注目してください。

左足は開いていますが、左肩は残ってますね。左肩を残すことでグリップを後ろに置いて「奥行き」を確保しています。右打者が右方向の打球で飛距離を伸ばすには「右足の踏ん張り」が重要です。少し開き気味の方が右足の踏ん張りが効きやすいために、このような打ち方をしていたのだと考えられます。

しかし、この打ち方はとても難しいです。この写真は全盛期の落合氏ですが、ふくらはぎの大きさを見てもわかる通り、かなり強靭な下半身と秀逸なバットコントロールを持ち合わせていないと成り立たない打ち方です。

とてもではないですが、普通の選手にできる打ち方ではありません。

それくらいオープンスタンスは高度な打法だと思います。

視野を確保するために構えはオープンにしても、インパクトの時にはスクウェアスタンスに戻すような打ち方が理想的だと思います。

#オープンスタンス

閲覧数:5,177回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手