• Baseball-Knowledge

『徹底』が質を高める


昨日の試合も負けてしまいました。なかなか勝てません。 昨日は朝からスターティングメンバー以外の選手にも役割を与え「みんなで役割を果たして勝とう」と言って試合に臨みましたが、途中で少しずつ綻びが出てしまいました。

試合後のミーティングで。

「今日はみんな、いつもより『役割を果たそう』という意気込みは見えた。頑張っていたと思う。でも少しずつ『徹底すること』に甘さが見られた。中継プレーで内野手がしっかり追いきってなかったり、挟殺プレーで素早く走者を追いかけなかったり、そういうプレーで相手に隙を見せてしまった。ベンチでもちょっと準備が遅れたり、集中力を欠く場面も見られた。そういう隙を突かれてしまったと思う。もっと集中して『徹底』の意識を高く持って、その意識を行動に反映しよう。」

私はベンチワークの中で、控え投手の準備指示がちょっと遅れてしまいました。私も「戦況を読むこと」の徹底が甘かったのだと思います。だからそのことは選手に詫びました。「すまなかった。これは俺の責任だ。俺ももっと徹底する。」と。

クラブチームなので「結果」はとても大事です。でも「結果」でプロセスの良し悪しを語ることは簡単です。良いプロセスを経ていても結果が出ない時もあれば、大したプロセスを経ていないのに結果だけ出てしまう場合もあります。しかし後者の場合、その結果は継続しません。

「持続性のある結果」を求めるからこそ、プロセスを大事にします。それが「徹底」だと思います。

昨日は結果が出ませんでした。やっていることに間違いはないと信じてますが、「徹底」に反省点が残りました。

今日から「徹底」を追求すべく、再スタートです。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手