• Baseball-Knowledge

ビデオ映像の使い方


最近は家庭用ビデオカメラの普及で、学童野球でもビデオ撮影をしているチームはとても多いです。

ビデオ映像を見せることは、指導者が身振り手振りで教えるのとは違い、自分のプレーを自身の眼で見るという効果があります。しかし、ただ見るだけではあまり高い効果は期待できません。何が必要か?指導者の解説か?違うんです。

大切なのは自分のプレーをイメージする「想像力」です。 スポーツは自分のプレーを想像し、実際の動作をその想像に近づけることで動作の精度が高まります。「想像力」の乏しい選手は一致させる目標がない状態でプレーしていることになるので、動作の精度が低くなってしまいます。

①自分の「理想のプレー」を想像する

②想像に近づけるように実際のプレーを行なう

③ビデオで「想像」と「実際」のギャップを確認する。

ビデオが登場するのは③です。①②を経て③にたどり着くことが必要だと思います。イチロー選手は打席後、スクリーンに映ったリプレー映像を必ず見ています。恐らく③のためだと思います。

では、「想像力を兼ね備えたプレー」をするための訓練は? 古典的ですが「モノマネ」が有効だと思います。「モノマネ」はほぼ100%、「真似をする対象の選手」を想像しながら行ないます。想像力を兼ね備えたプレーを養うために、たまにはチームで「プロ野球選手のモノマネ大会」とかやっても良いのでは?と思います。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手