• baseballknowledge

大きな声であいさつ!


「あいさつ」に対して厳しく指導しているチームはたくさんありますよね?

しかし、今日は子どもの事ではなく「大人のあいさつ」についてです。

皆さんのチームでこういうシーンはありませんか?

子ども「おはようございます」

指導者「…..おうっ。。。。」(無表情・・・-_-;)

子ども「・・・・」

私は学童のコーチをしていた頃、あいさつは「子どもよりも大きな声で返答する」と決めていました。なぜか?

子どもが大人に声をかけるのは、意外と勇気が必要です。

特に「怖いコーチ」に対しては、子ども達は「意を決して」あいさつをしています。 私の指導者ビジョンは「子どもに成功体験を積ませること」です。ビジョンですから終始徹底しなければなりません。従ってあいさつだって「あいさつしてよかった」という成功事例にしなければなりません。上記のようなムスッとした応対では、子どもにとって不快な感情しか残りません。もしくは「どうせ聞いてない」という解釈によって、雑なあいさつをするようになります。雑なあいさつに意味はありません。

子どもたちが「相手と心が通うあいさつ」ができるようになるには、まず大人が雑なあいさつをせず、子ども達に対して誠実に応えることから始めるべきだと思います。

「子どもが言うことを聞いてない」

「サインを見ていない」

と嘆く指導者に限って、上記のようなムスっとした表情で、「雑なあいさつ」をしているように思います。 今日も暑いですが、子ども達に負けないくらい元気よくあいさつしてみませんか(^_^)/


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手