• Baseball-Knowledge

夏の練習メニュー


夏休み本番です。関東は梅雨も明けました。全国的に暑い日が続きます。

今日は夏の練習メニューについて書きたいと思います。夏の練習メニューを組むときに留意したいことは、

「ひとつひとつの練習メニューの時間を短くすること」

これがとても大事です。

夏は気温が高いためにすぐ体温が上がります。ウォームアップの時間は物理的に短くできます。そして、「暑さ」は子どもの集中力を削ぎます。集中力が落ちているところで反復練習など同じことを繰り返すような練習は技術の修得効率も悪いし怪我に繋がりやすいです。大人と同じ感覚ではないので、この辺に配慮が必要です。

またメニューひとつあたりの時間を短縮することで、こまめに給水を取らせることが出来ます。 チームによっては給水を随時にしているところもありますが、随時にすると摂取量を管理できないので、過剰な吸水により腹痛を起こしたりする場合もあります。私は随時吸水はあまりお勧めしません。

暑い日に延々とノックをするような練習は、誰の得にもならないように思います。

こまめにメニューを切り替え、子どもたちの集中力を高めることで練習の効率を高めましょう(^_^)/


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手