• Baseball-Knowledge

丁寧にプレーすることの重要性


先週、うちのボーイズで選手全員のベースランニングのタイムを計りました。

タイムの速い遅いは個人差もあるのでいいとして、20人くらいいるメンバーのうち、数名「ベースの踏み忘れ」が発生しました。恐らく「タイムを計る」と言ったことで「いいタイムを出す」ということだけに注力し過ぎて、「すべてのベースを踏む」という意識が低下したことによるものだと思います。

どちらが大事かは言うまでもないです。

どんなに速く走ろうがベースを踏み忘れた時点でアピールプレーで「アウト」です。

子ども達には

「ホームランだって1塁ベースを踏み忘れたら記録は投手ゴロ。きちんとベースを踏むことは遠くに飛ばすよりも速く走るよりも大事なことだ。もっと丁寧にプレーしよう」

と言いました。

このページで何度か記載したことがありますが、野球は試合で発生するプレーの9割は「できて当たり前」のプレーです。残りの1割のファインプレーを目指すよりも、まずは9割の「当たり前」を確実にこなすことが、勝つためにも、良い選手になるためにも重要です。 そのためには「見た目の派手さ」に囚われない「丁寧なプレー」を習慣づけることがとても大切だと思います。

子どもの行動は「大人が何を評価するか?」で大きく変わります。 本質的に「何を求めるべきか」、そして求めたものを真剣に努力する子に育てるためには「何を評価するか?」も重要だと思います。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手