• Baseball-Knowledge

子どもたちに望むこと


私が子どもたちに望むことは「努力を厭わない人になって欲しい」ということです。

「目の前のことを一生懸命できない奴は、大きなことは成し遂げられない」

これは私がもっとも尊敬する、高校入学時の監督さん(故人)の言葉です。

この言葉が今でも私の心に深く刻まれているのは、その監督さんがどんなに結果の出ない選手に対しても、努力する選手には分け隔てなく期待して、チャンスをくれた人たからだと思います。

比較的恵まれた競技者人生を歩めたのは、15歳の時にこの監督さんに出会ったからだと思います。厳しくも選手に対する愛情に溢れた方でした。

私も指導者として選手に努力を促すからには「よい結果を本気で期待すること」で「努力したい」という気持ちを育てること、そして「絶対に結果を出させること」で「努力して良かった」という体験を積ませてあげたい。

私ももっと努力が必要です。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手