• Baseball-Knowledge

結果とプロセス


どっちが大事か? 強いて言えば「結果」です。

結果の出ないプロセスに価値はないです。

「プロセスの大切さ」を説くなら、プロセスの正しさを自ら立証するためにも「結果」にこだわらなくてはなりません。

指導者として結果が出ない時「結果よりプロセス」と主張しても、

それは言い訳でしかないです。

しかし、野球には時々「プロセスのない結果」があります。

いわゆる「まぐれ」ですが、指導者は「そこに有益なプロセスがあったか?」を見極めなければなりません。

結果だけで一喜一憂する指導者の元では、選手は努力しません。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」です。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手