• Baseball-Knowledge

グラウンドコンディション


昨日は球場を借りての体験練習会。 天候が良くない中でたくさんの体験生にご参加頂きました。小雨がパラつく中で、体験生は元気良くプレーしてくれました。今年の体験生は例年に比べてバッティングが良くて誰が入ってきても鍛え甲斐があって楽しみです(^ ^) 少しグラウンドがゆるくなってきた時、体験生はあがってもらって、うちの選手だけでシートノックをやりました。ノッカーは私。マウンドに選手全員を集めて「このコンディションで守備練習をやる目的」を1分間で伝えました。

「俺たちはまだ強豪チームではない。俺たちが強いチームに勝つためには『雨はチャンス』だ。足元がゆるく、ボールが滑りやすいコンディションで相手よりも普段に近いプレーができれば勝てる確率が上がる

技術的には『早くボールに寄ること』『ボールを深く握ること』。この2つを徹底して15分間全員で集中してやり切ろう!」

「15分」と言えば、絶対に15分間で終わります。選手との約束ですから。選手は機敏に動きながら、送球ミスも少なく取り組んでくれました。

コンディションを言い訳にせず、むしろ「機会」と捉える。こういう選手は猛暑の試合や雨の試合で結果を出します。そしてそういう選手は、高校に進学した時、高校の環境への適合も早いです。

自ら「やるぞ!」という気持ちを創れるに越したことはないですが、そこはまだ子どもです。気持ちを創れるまでは大人のサポートが必要だと思います。 選手の体調を考慮して午前中で練習を終了しましたが、私も昨日はずっとベンチに戻らなかったので選手以上にびしょ濡れになりました。でもシートノックを終えた後の選手の表情を見ると、少しですが選手と心が繋がった気がしました。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ