• Baseball-Knowledge

コーチの心得


私は指導者になってからはずっと「コーチ」です。現在のチームが2チーム目で、最初のチームの監督は「野球未経験者」、今のチームの監督は「大学野球まで強豪校で活躍した方」で、全く違うタイプの監督に仕えてきました。今日はコーチ生活5年間で私なりに考えた「少年野球におけるコーチの役割」について書きたいと思います。

私は「少年野球のコーチ」の心得として以下に挙げる2つのことがとても大切だと思っています。

①「選手に一番近い大人」であるべき

監督は選手起用の最終決定者であるため、公平を期すために全ての選手と同じ距離を保たなければならないと思います。しかしコーチは「コーチング」が仕事ですから、悩める選手には寄り添ったり、乗っている選手は自由にやらせたり、日々選手との距離感を変えながら、「選手が一番活躍しやすい環境」をつくることが必要だと思っています。そのためには故障や気持ちの変化にも一番最初に気付くべきだと思います。当然、監督よりも選手とのコミュニケーションの量は多くなければならないと思います。

②監督を活かすのはコーチの役割である

チームの最終決定者はあくまでも監督です。グラウンド内で最も高い権限を有する代わりに、結果に対する責任を負っています。監督が責任を全うするために、「監督が最もやりやすい状況」をつくるのもコーチの仕事だと思います。だから仮に監督と意見が違っても、選手の前で異議を唱えるのは監督の「やりやすい状況」を阻害することになるので避けなければなりません。チームの作戦面や選手育成などに意見があれば、まずは監督に個別相談を持ちかけ、合意形成を得てから選手に話すべきだと思います。仮に監督が自分よりも技量が低くても、コーチは監督よりも目立ってはいけないと思います。

スポーツは「選手が主役」だと思います。しかし、チームという「組織」がその能力を最大限発揮するには、選手だけでなく、監督もその能力を最大限発揮し、その役割を全うして頂く必要があります。コーチは会社で言うならば「中間管理職」です。中間管理職は「部下を活かす」だけでなく「上司も活かす」ことで上司と部下の橋渡しを行ない、組織全体を円滑にする役割を担っていると思います。

コーチは「チームの潤滑油」だと思います。


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ