• Baseball-Knowledge

「技術を高める」ことの意味


しばらくぶりの投稿になってしまいました。すみません。

今日は思うところがあって久々に投稿します。

私は野球指導者になってからもう10年くらい経ちますが、一貫して「技術を高めること」を重視して指導を行ってきました。しかしそれは「野球が上手ければ良い」という話ではなく、「技術を高めること」に様々な意義があると思うからです。

私は野球を始めた頃、そんなに目立った選手ではありませんでした。

体は小さく、突出した能力があるわけでもない普通の選手でした。

でも野球が好きで、「野球が上手くなりたい」と親にお願いしてリトルリーグに行かせてもらいました。そこで出会った指導者に「野球は努力すれば必ず上手くなる。上手くならないのは努力の仕方に問題があるんだ。」と言われました。それだけではなく本当にいろんな方法で私ができるまで根気強く指導して頂き、私はレギュラーポジションを獲得することができました。そして技術を修得するプロセスで「高い目標を立てる志」「継続することの意味」「物事を徹底することの効果」「諦めない心」「結果への執着心」など、たくさんのことを学びました。

難しいことは考えず、ただ「上手くなりたい」という一心でした。

「野球は技術ではない」という指導者もいらっしゃいます。

もちろん「技術が全て」だとは思いません。

でも私は指導者として「選手の技術を高めること」を通じて様々なことを選手に学んでもらいたいと思ってグラウンドに立っています。選手の「上手くなりたい」という気持ちから目を逸らしてはいけないと思いますし、「健全な心」を持ち、「不断の努力」を怠らない選手には必ず技術をつけて送り出したいと思っています。

「礼儀正しいから野球が上手くなる」

「考える力があるから野球が上手くなる」

「仲間を思いやることができるから野球が上手くなる」

「元気よくプレーするから野球が上手くなる」

「一生懸命走るから野球が上手くなる」

「謙虚な心を持っているから野球が上手くなる」

「用具を大切にするから野球が上手くなる」

「感謝の心を持っているから野球が上手くなる」

どんな時も「野球が上手くなる」を成果としてブレずに追いかけたいです。

それが「野球」を選んでくれた選手に対する私からの答えにしたいです。


閲覧数:470回0件のコメント

最新記事

すべて表示

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ

子どもは周辺にいる大人の影響を受けて成長します。 何事においても一番近くにいる大人といえば「保護者」ですし、学業であれば学校の先生、野球であればグラウンドにいる指導者かも知れません。 「私は我が子を甘やかしています」と公言する保護者はほとんどいないと思います。「立派な人に成長して欲しい」という想いを持って、時に優しく、時に厳しく育てていると思います。 さて「厳しさ」とは何でしょう? 「あれやった?