• Baseball-Knowledge

『動かない選手』は必ずどこかで破綻する


私は野球選手が成長するために最も必要なことは「動くこと」だと思います。

特に早期から「動く」を身につけている選手はその後の成長が早いと感じてます。

「動く」とは「瞬発力に長けている」とか「足が速い」といった運動能力を指しているのではありません。

たとえ足が遅くても「自発的な行動」「早期着手」「一生懸命走る」「一歩でも多く足を動かす」といった積極性や能動性を指します。

「動く」にはいろんな要素が含まれています。

①情報収集スキル

②情報処理スキル・思考力

③決断力

④行動力

この4つが揃ってこそ必要な場面で効果的に「動く」ができます。

促されて行動しているのは「動く」ではなく、「動かされている」だけです。

例えばグラウンドで「歩いている選手」と「走っている選手」は目的意識が違います。

目的やアテもなく走っている選手はほぼいません。「『いつまでに』『どこに』たどり着くか?」といった目的意識や目標達成意欲があるからこそ「走る」のです。一方で歩いている選手は漠然と時間を過ごしていたり、走っている選手よりも目的意識や目標達成意欲が弱いケースが多いです。経験上、そういった選手は仮に身体能力が高くてもどこかのフェーズで行き詰まります。

チームを作る時にも「動ける子」にリーダーを任せた時と「動かない子」にリーダーを任せた時では結果に大きな違いが現れます。私が監督であれば上手いか下手かは二の次で「動ける子」をリーダーに任命します。なぜならリーダーが動けば他の選手も動くし、動かないリーダーの元では選手全体の動きが緩慢になるからです。

リーダーの任命は「どんなチームを作るか?」というビジョンの問題です。罵声を浴びせて「動け!」と命令するよりも「どんな選手を評価するのか?」「どんな選手に重要な役割を担わせるのか?」を明確にし、競わせ、公正に評価した方がフェアなチームになります。

「みんな仲良く楽しく」だけを目指すのであれば人気者を、選手を奴隷のように扱うのであれば自分のお気に入り選手をリーダーにすれば良いと思いますが、技術的・精神的な成長を求めるのであれば「動ける選手」をリーダーに据えた方が結果は出やすいです。

「自発的に行動する」「積極的に行動する」「他人よりも行動量を多くする」を心がけた選手とその逆の選手で同じ時間を過ごせば、得られる経験も習得する技術の量も差は歴然です。


閲覧数:964回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ