• Baseball-Knowledge

指導者は『化学者』です


ある野球指導者と話をしていた時のことです。

その指導者は私にこんなことを仰いました。

「あの子は下手なんですが、彼のお父さんは昔、有名な選手だったらしいんですよ。血を引いていると思うんで、どこかで化けてくれないかなぁと思っているんですが。」

私はこの言葉にとても違和感を感じました。

指導者は選手が化けるのを待っているのではなく、

選手を「化けさせること」が役目じゃないの?

一人でも多くの選手の素質を見出し、素質が開花するように支援すること。これが指導者の役目だと思いますし、それこそが選手とグラウンドで共に汗する楽しみだと思います。「この方法なら上手くいくかも?」と指導法を変えてみたり「彼に合った打ち方はないか?」と新しい理論を学ぶのです。

同じような話で「来年の新入部員でいい選手来ないかなぁ」と言っている指導者にも同じようなことを感じます。「来なければ育てればいいじゃないか?」と。

この2つの事例に共通していることは、どちらも受動的だということです。

「選手が化ける」「いい選手が入団して来る」どちらも他力本願です。

指導者が他力本願で受動的になっていたら「積極性がない」と言ったところでその言葉に説得力なんてありませんよね?かなり高い確率で選手も消極的になると思います。

いつも申し上げている通り『選手は指導者の鏡』ですから。

自らの努力と働きかけで、誰もできなかった化学反応を起こすこと。

これこそが指導者の楽しみだと思います。

まさに「指導者は化学者」です。

もちろん化学は思わぬ事故を起こすこともあります。だからこそ基礎的な技術を学び、安全にプレーできるよう指導もしなければなりません。技術のこと、トレーニングのこと、メンテナンスのことなど幅広く学ぼうとします。

特に小学生の時の差なんて大したことないです。

埋もれていった「学童野球のスーバースター」も、逆に大学生くらいになってようやく資質が開花した選手も見てきました。

「誰も予想しない化学変化」も何度か見てきました。

個人的には他の指導者が興味を持たない選手ほど興味が湧きます。

全ての可能性を否定することなく、いつの日か「えっ、あいつがプロ野球選手!」みたいな選手を育ててみたいです。


閲覧数:193回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ