• Baseball-Knowledge

断髪式


週末にチームで何人かの選手が、グラウンドの横で「断髪式」をやりました。今、うちのチームでは7〜8割の選手が髪の毛を1mmにカットしています。

「髪の毛で野球やる訳じゃない」と言えばその通りです。これで急に野球が上手くなったりはしません。

なぜ野球の世界ではこんなことをするのでしょうか?

私自身、選手時代に何度か1mmカットをやったことがあります。初めはチームから強制されてやりました。1mmまで切ると学校でも目立ちますし、街を歩いていても目立ちます。そして友達からは「そこまで野球って大事なことなの?」と聞かれました。

その風貌だと学校の帰りに寄り道しようという気にもなりませんし、友達と遊びに行こうという気にもなりません。思いのほか野球に集中できるし、出かけたくなくなるので勉強も捗る。「意外といいな、これ。」と思って、「集中したい時」には自ら1mmカットをやるようになりました。

うちのチームも来週の公式戦が終われば3年生は引退です。

あと1週間、目の前のことに集中するという時期があっても良いと思います。 この週末は覚悟のあるプレーを見せてくれるんではないかと期待しています。


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ

子どもは周辺にいる大人の影響を受けて成長します。 何事においても一番近くにいる大人といえば「保護者」ですし、学業であれば学校の先生、野球であればグラウンドにいる指導者かも知れません。 「私は我が子を甘やかしています」と公言する保護者はほとんどいないと思います。「立派な人に成長して欲しい」という想いを持って、時に優しく、時に厳しく育てていると思います。 さて「厳しさ」とは何でしょう? 「あれやった?