• Baseball-Knowledge

『打たれてもいい』という指導者の覚悟


世の中の投手の大半は「攻める」「かわす」を使い分けながら投球します。ほぼ全ての投手が「攻めるだけ」「かわすだけ」では投球は成立せず、「攻める」「かわす」を使い分けながら投球術を覚えていきます。自分なりに「攻めるべき」「かわすべき」という感覚は経験の中で養っていかなければ、球種のサインは捕手が出したとしても気持ちが中途半端で「攻めきれない」「かわしきれない」という現象が起こります。

この切り替えが上手な投手は必ずと言っていいほど「滅多打ちされた経験」を持っています。なぜ「必ず」でしょう。

私が小学生の頃、所属していたリトルリーグの監督は、必ずと言っていいほど投手に対して「今日はストレートだけ」という指示を与える日がありました。相手もそこそこ強いと、当然ながら投手は滅多打ちにされます。でも監督はマウンドの投手に向かって「攻めろ!今日ここでお前が打たれることなんて、お前のこれからの野球人生にとって大した問題じゃない」とよく声をかけられていました。でも打たれながらも攻めた経験があるからこそ「攻めて良い場面」「かわさなければならない場面」を習得しますし、常に「攻める気持ち」だけは失わずに投げることができるのだと思います。

最近は投手を指導する時に「かわすこと」から教える指導者も多く見受けられます。意外とその方が結果が出やすいからだと思います。「かわすことしかできない投手」はかわせなくなったらもう手立てはありません。中学に行っても高校その後も「かわし続ける」という野球になるでしょう。そしてそういう選手は受動的でネガティブな思考を持った選手になる傾向が高いように感じます。

小・中学生の時に「かわす投球術」で結果が出たとしても、高校生になれば左投手では120km/h以上、右投手であれば130km/h以上の球速を投げられなければ、現代の高校野球では「かわすこと」すらできません。ほぼ間違いなく捕まえられます。選手の将来の為にも「恐れず攻める」という経験を積んでもらうことで、将来は幅広い投球ができる投手になって欲しいです。

その為にも指導者が「打たれたって大した問題じゃない」と選手の背中を押して「攻める心」を作っていくことも大切なのではないか?と思います。

#積極性 #采配 #行動力

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ