• Baseball-Knowledge

打撃に必要な『執着』


私が小学生の頃、当時私にバッティングを教えてくれたコーチは

「ボールは丸い。バットも丸い。丸いもの同士が当たるのは『点』。だからその『点』にこだわらないとバッティングは上手にならないよ。」

といつも言っていました。

そうなんです。例えスイートスポットで捉えたと思っても、上下に2〜3cmズレてしまうと凡打になってしまう。だからバッティングは面白いし難しい。

写真はイチロー選手のバットです。

恐らくプロ野球選手の中でもかなりヘッドが細い部類です。この細いバットで彼はヒットを量産して来ました。何かの番組でイチロー選手が言っていましたが「捉えるのは『点』。だったらあまりヘッドの太さは関係ない。むしろ変なところに当たって欲しくない。だったらバットは細い方が良い。」という言葉がとても印象的でした。

暖かくなり、バッティングを行う機会も増える季節になりました。量が増えてくるこの時期だからこそ、一球一球を疎かにせず、数センチの誤差を詰めることに執着する。そういう選手がバッティングが上手になると思います。ミスショットしても集中を切らさず、「次こそは!」と願い、妥協せずに「会心の一打」を目指してバットを振る。

球児の皆さんにはそんな週末を過ごして欲しいです。

#ティー打撃 #執着心

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示