• Baseball-Knowledge

ある捕手との思い出


高校時代、チームに「親友」が居ました。

ポジションは捕手。でも公式戦では一度もバッテリーを組んだことはありません。彼は3番手の捕手でした。

高校2,3年は同じクラスで彼は学級委員。頭脳明晰。ちなみに私は肉体労働系の体育委員。ブルペンでいつもボールを受けてもらっていたのですが、私の調子が良い時は「もう少し投げよう。」、調子が上がらない時は「また明日にしよう。監督には『投げた』と言っとくから。」と私の「投げたい」「投げたくない」を察して彼から提案してくれました。一方で私が新しい変化球を練習したいと言うと「狙って三振取れる鋭いカーブ持ってるのに、何でそれを磨かないの?」と叱責する厳しさも持ち合わせていました。試合中、自分が出場しなくても「さっきの回から重心が上がってるよ。もしかして前の回のスライディングで足痛めたんじゃないの?」と何でもお見通し。

投手コーチが居なかった高校時代、彼は私のコーチのような存在。彼のおかげで「捕手が投手を創る」という事象を身を以て体験することができました。

そんな彼は現在、関西にある有名私立大学の教授として教鞭をふるっています。野球とは無縁の学者生活かと思えば、体育会準硬式野球部の部長をやっているとのこと。

わがままで気まぐれな同級生に手を焼いた経験が教育者として活かされていることを願うばかりです。

#捕手 #控え選手

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ

子どもは周辺にいる大人の影響を受けて成長します。 何事においても一番近くにいる大人といえば「保護者」ですし、学業であれば学校の先生、野球であればグラウンドにいる指導者かも知れません。 「私は我が子を甘やかしています」と公言する保護者はほとんどいないと思います。「立派な人に成長して欲しい」という想いを持って、時に優しく、時に厳しく育てていると思います。 さて「厳しさ」とは何でしょう? 「あれやった?