• Baseball-Knowledge

捕手の目線


「今日、内角の方がボール来てるで」 試合中にベンチ内で捕手から投手に対してかけられる声。投手にとってはとても貴重な情報です。いつもボールを受けてくれていて、試合中も比較的近くで、しかも相手打者と同じ角度から得られる情報はベンチにいる指導者にも気づかないような情報を察知していることもよくあります。

有能な捕手は優れた情報収集能力を有しています。そしてそれは素質だけで形成されるものではありません。情報収集のトレーニングを積み、指導者はそのトレーニングを補助する必要があると思います。

いろんな方法がありますが、私はプルペンを活用します。具体的には捕手の後ろに座って、投球練習の間、捕手を「質問攻め」にします。小学生であれば「今の球、ストライク?」「今のボール、ちょっと動かなかった?」といった簡単な質問、中学生であれば「今のスライダーは抜けちゃったけど、何でだと思う?」というように、年齢や経験度に応じて質問のレベル感を変えていきます。

捕手は他の野手と反対向いて座っているので、捕手にしか見えない情報がたくさんあります。だから一点に集中させず、いろんなところに目配りをする習慣を付けるために様々な質問を投げかけるようにしています。ある程度自分で情報収集する癖ができてくれば質問はせず、後ろで「今のボールは指によくかかってたな」とひとり言を言っていれば、捕手は自分で「答え合わせ」をするようになります。

すぐには上手くできないと思います。何度も繰り返すことで、「さっきと違う」「いつもと違う」といった違和感を察知するようになります。小学生の頃は「(収集した情報が)正しいか間違っているか?」よりも「ひとつでも多くのことに気づくこと」が重要だと思います。良い捕手はグラウンドにボールが落ちていてもすぐに気づきます。「ボールが落ちている」という普段と違う風景に気付く感度が高いんだと思います。

こんな捕手が居ると、指導者はプルペンに付きっきりにならなくても、捕手が自分の分身として「投球練習の質」を向上させてくれると思います。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ