• Baseball-Knowledge

『夢』は絶対に忘れない


ご無沙汰してしまいました。 今日は個人的な話ですみません。

何度かこのページでも紹介していますが、私には高校1年生の息子がいます。神奈川の某私立高校で野球をやっています。

息子が高校入学の時に「今後の野球」について話し合いを持ったことがありました。「野球をやるのはいいけど、この先どうしたい?」と聞きました。最初は首を傾げるだけで何も言いませんでしたが、いろんな話をする中で最終的に「最低でも大学までは野球を続けたい」と言いました。

これは息子の「夢」です。 でも「夢」を「夢のまま」で終わらせないために、一緒に「夢を叶えるための目標設定」をしました。「大学で野球をする」という夢を叶えるための目標です。具体的には3つ立てました。

①大学に行ける学力を身につけること

②高校の間に大学でやれる体力・筋力をつけること

③進学した高校で3年の時に「絶対的エース」になること

①と②はもうちょっと詳細な数値目標があるのですが、そこは秘密ということで今は直接グラウンドで指導する関係ではないので、家では「夢」と「目標」についての会話しかしません。

息子が家に帰ってきてその日の試合の話を聞くと「大学生が相手だと攻め方をこんな風に変わるわる」といった先の展望の話。学業の進捗の話。体力測定の数値の話。全て「大学野球に向けて」という「夢」とリンクして話し、順調なものは一緒に喜び、進捗が芳しくないものは対策の相談に乗る。最終的には息子自身から次のアクションを引き出すような会話を取るような意識をしています。

「夢を忘れない」ためです。

今は息子にとって私は指導者ではなく「ただの親」です。

「親は我が子の夢を応援するもの」だと思います。 そして息子には「他人の夢を大事にする人」になってほしいと思います。だからこそ「自分の夢」も大切にして欲しいです。

今週末は本年度3回目の体力測定。もちろん今回の測定でクリアしたい数値目標があります。目標達成にこだわって測定に臨んで欲しいと思います。

「数字は出るもの」ではなく「創るもの」です。

自らの努力で「数字を創ること」も「夢」を叶えるための重要なプロセスだと思います。

#目標達成意欲

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ