• Baseball-Knowledge

『捕り方』はすべてのプレーの起点


今日は久々に技術指導の話を書きたいと思います。

昨年くらいからあることに力を入れて指導してます。『ボールの捕り方』です。

「ボールの捕り方」が良い選手は守備だけでなく投げることも打つことも質が高い傾向があるからです。

「捕り方」で私が特に重視することは3点です。

①グローブの芯で捕球する

芯で捕球すると「落球のリスクが減る」だけでなく「いつも芯で捕球しているといつもグローブの同じ場所にボールがあるので、送球時の握り損ないが減る」からです。以前、宮本慎也氏も同じようなことをコメントしていたのを聞いたことがあります。

②捕り易い場所まで動く

足を使って「捕り易い場所」まで動くことで「能動的にプレーできるようになること」や「送球の動作に移行し易い」というメリットがあります。

③手元を流して捕球しない

「グローブを流しながら捕球する選手」は打撃でも「ミートポイントが安定しない」とか「リリースポイントがバラつく」など、『大事な”点”』を軽視する傾向があります。投手であれば制球が悪かったり、打者だとミスショットが多い傾向を感じます。

①〜③を重視することは奇抜でも斬新でもありません。当たり前といえば当たり前です。しかしこの「当たり前」が結構軽視されている傾向も感じます。

「捕球」は「捕る」です。「受ける」ではありません

「捕る」は能動的な要素が含まれますが「受ける」は受動的な行動となります。「ボールを捕れる選手」はプレー全体が能動的・攻撃的な選手になれると思います。

#キャッチボール #捕球

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ