• Baseball-Knowledge

お子さんの『視野』大丈夫ですか?


今日は雨で練習の開始が遅れているので、少し時間をかけていつもと違った観点の話を書きたいと思います。

野球の練習では大量のボールを使用します。当然ながら「ボールの回収」という作業が発生します。数年前から思っていましたが、最近の子どもはボールをよく見落とします。ひどい場合には自分の眼の前にあるボールを見過ごしたり、グラウンドを見渡した時にボールが落ちていることに気づかない子は結構います。最初は「物が豊かな時代の子だから、物に執着しないのかな?」「面倒なボール拾いが嫌で避けているのか?」と思っていたのですが、どうも違うんではないか?と思っています。

以下に記載することは私の『仮説』です。決して正解とは限りませんが、数年間子どもを見てきた中で「そうなのでは?」という思いが日々強くなっていることです。

幾つかの文献を読みましたが、スポーツにおける「視野」とは

「自分の身の回り360°の『時間軸での変化』を捉える能力」だと思います。「変化」なので「Before」と「After」があります。この2つを両方とも記憶している人は「ボールが落ちていないグラウンド」「ボールが落ちているグラウンド」の差を察知します。

①「ボールは拾わなければならない」という価値観

②数秒間の「Before」「After」に差異を感じる感性

この2つがあれば、選手はボールを拾うはずです。そして野球をやっていれば、ほとんどの子は①の価値観は保有しているはずです。「落ちているボールを拾わない」のは②が原因である可能性が高いと思います。ボールが散乱している状態に慣れてしまったり、「ボールがすべて回収されたグラウンド」を記憶していない選手はボールが落ちていることに違和感を感じないのだと思います。物が散らかった部屋で生活している人が掃除をしないのは「物が散らかっている状態」に慣れているからだと思います。それと同じです。

刻々と変わる状況の変化を正確に捉え、的確な判断や行動をするためにも「視野」は大切です。視野の狭い選手は状況判断が不正確なのでとんでもないところにボールを投げたり、全然間に合わないのに次の塁を狙ったり、そしてその逆の行動もあります。 うちのチームでもボール拾いに目敏い選手は、状況判断が比較的正確な選手が多いように思います。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ