• Baseball-Knowledge

心が技を生む


これは日大三高の小倉全由監督の言葉です。 私もそう思います。そして「心のない技」はどこか空虚にも感じます。技術も作戦も「心」があってこそのものです。

今日のシートノックで内野がバックホーム体制での守備練習を行っていた時のことです。サード、ショート・・・とノックを打っている時に、数名の選手が少し強めの打球に体を逸らしながら打球を受けていたので、ノックを止めて一言。

「何のためにバックホーム体制を敷いている?普段よりも前に出て構えるということは『強い打球が飛んでくるリスク』を負ってでも『少しでも前で捕球して三塁走者を本塁で封殺したい』という意図を持ってやっているんだろ?この場面、一番大事なことはバックホーム体制を敷くことではなく、『1点もやらない』という強い気持ちを持って打球に向かっていくことだ。『強い打球にだって負けない』という覚悟を持たず、ただ漠然と前にでてくるバックホーム体制なんて、そんな作戦に価値はない!」

作戦だけでなく、技術練習も同じです。目標達成意欲を持たない技術練習の効果はとても薄いです。「心が伴ってない」からです。「何とかしたい」という気持ちがあってこそ、技術は身につきます。「なるようになる」と思っている選手にはそれ相応の結果しかついてこないです。

「何とかしたい」という「心」が礎になってこそ、技は磨かれます。「何とかしたいという心」を創ることは、小手先の技術を教えることよりも技術習得に数段高い効果をもたらすと思います。 やっぱり「心が技を生む」のです。

#作戦の意味 #理由付け

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ