• Baseball-Knowledge

「早期着手」は「機会創出」である


土曜日の練習。午前中に打撃練習をして昼食時間へ。「食事が終わったらグラウンド整備をして午後の練習に備えるように」と言い渡して昼休みへ。まずはいつも率先して行動する選手が一番にグラウンドに出てグラウンド整備を開始。触発されたのか、次々と選手がグラウンドに出てきた。全員がグラウンドに揃った時、最初の選手が出てきてから30分が経過していました。

午後の練習を開始する前に全員集合。

「俺は黙って見ていたけど、最初の選手が出てきてから全員が揃うまで30分が経過していた。最後に出てきた選手は最後だけ帳尻を合わせて『上手くごまかした』と思っているかも知れないが、他の選手は言わないだけで『あいつは卑怯だ』と思っている。そんな選手がスターティングメンバーに選ばれても他の選手に祝福されないし、仲間として認められるかどうかも分からない。」

更に「それにグラウンド整備は自分で実際にトンボを使って整備しなければ綺麗にグラウンドをならす方法は身につかない。グラウンド整備も満足にできない状態で高校に行ったら『クラブチーム出身のくせに何やってたの?』と馬鹿にされるぞ。そうなったら高校生活は『マイナスからのスタート』だ。一方で綺麗に整備できる選手は先輩に『俺の守備位置を担当してくれ』と呼ばれ、それが『ティーバッティングやるから球を投げてくれ』となり、その次には『今日はお前も打ってみるか』と変わっていく。敢えて名指しはしないが、サボっていた奴らは自ら『機会』を閉ざしているんだ。今日の『30分の差』が続けば中学の間に『100時間以上の経験の差』になる。これは取り返しの付かない差になる。自らの行動を反省して午後の練習に取り組んでほしい。結局損するのは自分だ。」

と久々に長めのお説教。

野球の世界で年齢が上がるとともに「機会創出」は自分で行わなければなりません。小学校の時は周りがお膳立てしてくれても、高校になると待っていても勝手に機会は来てくれません。自分で掴み取りに行かなければならないのです。 職場でも「自ら機会創出をできる人」と「与えられるのを待っている人」ではその成果に大きな違いがあります。グラウンドでの何気ない行動にも「社会の縮図」は存在します。 「自ら機会を創り出す」ためにも「早期着手」は重要です。

#早期着手 #機会創出

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ