• Baseball-Knowledge

『負の成功体験』を断ち切る


昨日の朝はちょっと気温が低かったですね。練習前のミーティングで「今日は寒いな。怪我を防ぐためにもウォームアップからしっかり身体を動かそう。自らを奮い立たせ、仲間を動かすためにもみんなでしっかり声を出そう。」と言って練習を開始しました。 大きな声を出して一生懸命動いている選手もいれば、こちらの顔色を伺いながら声を出さない選手も疎らに。少しずつ声が小さくなっていきました。

一旦体操を止めて 「みんなで揃って体操をやるには誰かが声を出してリズムを取らなければ揃って体操を行うことはできない。そしてこのチームでは『全員で声を出す』ことになっている。声を出さないほうが楽だ。みんなでやる、と決めたことをやらずに自分だけ楽をするのは卑怯だ。団体競技をやる資格はない。」と言いました。

昔から「サボる」ってありました。「サボること」に後ろめたさを感じているうちはまだ芽があります。でも「上手くやった」と思い始めるとそれは本人にとって「負の成功体験」として根付きます。

「負の成功体験」は組織の公平性を維持するためにも、何としても断ち切らなければならないと思います。

#負の成功体験

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ