• Baseball-Knowledge

”奇跡”は行動してこそ起こるもの


冬練に入る前、選手には以下のことを伝えました。

「春のシーズンからは『動ける選手』から使っていく」

これには2つの意味があります。

①物理的に身体、特に下半身主導でプレーできる

②物事に対して積極的に取り組める

今日の朝練で選手に対して②について少し補足しました。

「秋に1回戦コールド負けしたチームが本気で『全国大会を目指す』というのは『奇跡を起こす』と言っているに等しい。奇跡は勝手に起こるものではなく自らの手で起こすもの。『与えられることを待っている選手』には奇跡は起こせない。普段から行動する習慣をつけよう。練習中だけでなく準備や後片付け、練習中のボール拾いなど、他人が行動を躊躇する時に行動を起こせる選手が奇跡を起こせる。だから『動ける選手』から使っていく。そして『動ける選手』と一緒に奇跡を起こしたいと思っている。」

今日朝練に参加している選手は休んでいる選手よりも行動しているわけですから「奇跡を起こす確率」は少しばかりですが高いんだと思います。普通の中学生よりも早起きしている分、1日の行動量だって多いはずです。行動量を増やすことで機会も増えるし、積める経験の量だって増えます。こうして毎日私が朝練を主催しているのも、指導者である私が選手の成長を待っているのではなく、自ら行動して選手に成長機会を提供し、その場で指導することで機会を生かし、その先では「奇跡を起こすため」です。

これから新年度のスカウティングの季節ですが、個人的には技術的に完成している選手にはあまり興味はありません。それよりも「小学生の時に馬鹿にされた奴らを何としても見返したい」「小学生の時とは違うポジションに挑戦したい」「身体の大きな選手に負けたくない」など、挑戦意欲にあふれた選手と一緒にプレーしたいです。それって今この瞬間に「同級生よりも上手い」ということよりも、「奇跡を起こそうとするチーム」には必要な戦力だと思うからです。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ