• Baseball-Knowledge

『想い』を表出化させる


一昨日の試合、負けたことがあまりにも悔しくて「次の大会に向けてできること」を考えました。今のチームは打撃に課題があるので、少しでもボールを打つ時間を確保したい。じっくりと打ち方を指導する時間を創りたい。だけど私も仕事があるので平日の夕方とかは練習に付き合えない。。。

幸い私が勤める会社は朝が比較的遅いので、朝だったら時間が取れる。だから「朝練やろう!」と決意して、昨日から私の自宅近くの公園で始めました。

選手に呼びかけた時は

①平日6:00-7:00の1時間だけ

②参加は自由・来たい時だけ来ればいい

③1球でもたくさんボールを打とう

というルールで呼びかけました。

最近の子どもって寝るのが遅いし来ないかな?まぁ1人でも来ればその子のためにやればいい、と思って始めました。 昨日は2人でした。「1人よりはマシ」と思って今日も公園に行きました。そしたら・・・。

今日は6人に増えました。自分では来られないような場所に住んでいても、お母さんが車で送迎して参加している選手も居ました。人数が増えるとボールを拾う時間が短縮できて、打てる回数も増えるんですよね。私も楽させてもらいました(^_^)

「子どもたちにも『練習したい』『前の試合の悔しさを晴らしたい』という『想い』はある。でも『想いを表出化させる機会』がないのではないか?やるのは本人だけど、ある程度大人が機会創出することは必要なのでは?」と思いました。 まだうちのチームは弱いけど、確実に変わりつつあります。サポートする大人は「変化の兆し」にブレーキをかけてはいけない。むしろ変化を加速させる「機会創出」が必要なんだと思います。

しばらく「晩酌はほどほどに」と決意を新たにしました(^_^)


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活動自粛から2週間が経過しようとしています。 私は職場の方も在宅勤務に切り換え得られていることもあり、家に籠ることが多くなって、仕事は捗るものの、身体を動かす機会が減っているのでどうも調子悪いです。 こんな時、選手はどうしているのでしょう? うちの選手の中には数名、私に自主練習の動画を送ってきた選手がいます。 「今、こんなことを頑張ってます!」 「自己流になっている気がして。アドバイスください!」

先日、ボーイズリーグの指導者講習会に参加しました。外部講師の講演を拝聴する、まぁよくある講習会スタイルではありますが、講師の方がちょっと面白い話をされていました。 競技にルールが設けられるのはなぜか? これには3つの理由があるそうです。 ①きょうぎ中の暴力をなくす ②対戦チーム間の公平性を保つ ③難易度を高めて競技を面白くする 特に③は目から鱗でした。 これまで私は特に②の観点で「ルール遵守」を選

野球には「投げ方」「捕り方」「打ち方」などがあります。 確率高くプレーを成功させ、故障なくプレーを継続させるためにはある程度の技術を習得することが必要となります。当然私もチームではこれらの技術は指導します。 これらはいわゆる「テクニック」です。 野球におけるテクニックは「身体の使い方」「道具の使い方」にほぼ集約されます。 球が速い、捕球が上手い、などは「テクニックが高い選手」と言えます。 一方、こ