• Baseball-Knowledge

進路決定で大事なこと


今日はプロ野球のドラフト会議でした。将来有望なアマチュア選手の一部(指名漏れの中にも優秀な選手はたくさん居ます)の進路が決まろうとしています。

かつて松山商業を68回選手権で準優勝(佐野慈紀氏や水口栄二氏が活躍)に導いた窪田欣也監督は、「指導者の仕事はグラウンドでの指導は全体の1/3。他にスカウティングが1/3、進路指導が1/3だ。」と仰っていたことがありました。指導者にとっては進路指導も大切な仕事だと思います。

進路を決定する上で、一番大切な要素は何でしょう。「伝統」「設備」「指導者」「先輩」「チームメイト」・・・・?

私は「覚悟」だと思います。

就職も同じですが、入った後で「思った通りの環境だった」なんて思うことはほぼありません。何かしら「こんなはずでは・・・」と思うことが1つや2つはあるはずです。でもその「こんなはずでは・・・」を乗り越えて再び努力するモードに切り替えるためには「ここでやる!」という覚悟が必要だと思います。覚悟さえあれば「やると決めたんだからやり切る!」という気持ちを持って困難を乗り越えていきます。でも逆に覚悟のない選手は「××××だから辞めた」などと言って、「困難を避ける言い訳」に使ってしまいます。「心の拠り所」は外的なもの(環境など)に求めず、内的なもの(覚悟・夢・目標など)に求めたほうが、困難に打ち勝つエネルギーになります。

指名された選手は意中の球団に指名された人も居れば、そうでない人も居るかも知れません。「俺は本当は____に行きたかったのに・・・」と思いながら入団してもあまり良い結果は生まないように思います。

今日指名された選手は「俺はここで結果を出す」という覚悟を決めてプロの世界の門を叩いてほしいと思います。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

週末は春の公式戦に向けた最後のオープン戦を行うために千葉県まで遠征しました。 うちにある故障中の1年生選手がいます。 最近、腰痛によって戦線を離脱しました。今回の公式戦出場は難しく、今回の遠征も帯同はしているものの、試合出場は見送ることにしました。 球場に到着して、鍵が開くまでの間、選手は球場周辺のスペースを使ってウォームアップを行います。当然私は選手のコンディションを診るためにアップを注視してい

「企業」は経営者と労働者が存在し、労働者は「労働」と「対価」のバランスによって成り立っています。対価(=給料)を貰うために労働が求められ、組織全体の生産性を高めるために会社の規則を遵守することを求められます。対価の代わりに何かしらの「権利」によって労働が報われる場合もあります。つまり労働者が「権利」を主張するのもその背景には「労働」があるからこそ成り立ちます。「労働者」「経営者」それぞれにプロフェ

子どもは周辺にいる大人の影響を受けて成長します。 何事においても一番近くにいる大人といえば「保護者」ですし、学業であれば学校の先生、野球であればグラウンドにいる指導者かも知れません。 「私は我が子を甘やかしています」と公言する保護者はほとんどいないと思います。「立派な人に成長して欲しい」という想いを持って、時に優しく、時に厳しく育てていると思います。 さて「厳しさ」とは何でしょう? 「あれやった?