• Baseball-Knowledge

現状評価は正直に伝える


何かを目指す時には「現状認識」「目標の明確化」の両方が必要です。道のりに例えれば、「スタート地点」と「ゴール地点」を正しく認識してこそ、「道のりの長さ」「険しさ」を正しく認識できるからです。当然選手に何かを教える時は「これができるようになろう」というのは「ゴールの明示」な訳ですが、「今のキミはこうだよ」という現在地点も合わせて示す必要があります。

私は敢えて現状評価は率直に伝えるようにしています。「今のやり方では結果が出る確率はゼロに等しい」といった具合に。そこは相手が子どもであっても容赦しません。なぜなら「スタート地点」を正しく認識してもらえないと、これから始まる目標達成までのプロセスを一緒に歩めないからです。

「たとえそうであっても、敢えて本当のことを言う必要はないんじゃないか?」という声もあります。しかし私は「なぜ本当のことを隠す必要があるのか?」と思います。例えば下手な選手がいたとしても「下手」というのは現状の時価評価に過ぎず、将来に渡ってずっと続く「覆しようのない評価」ではありません。その選手の将来に対して何も悲観する必要はありません。実りある未来を確実に掴み取ってもらうためにも、現在地点を正しく認識して、本気で努力するための「覚悟」と「準備」をして欲しいと思っています。

むしろ、そこで本当のことを言わない指導者の方が、その選手の将来を悲観的に見ているのではないか?その先、本当に選手と一緒になって努力する覚悟はあるのか?とさえ感じます。

野球は適切に努力すれば誰だってそこそこ上手くなります。だから現状と向き合うことを恐れず、例えそれが厳しい評価だったとしても、自分の未来に悲観せずプレーして欲しいです。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手