• Baseball-Knowledge

奇跡は「起こそうとする」から起きる


今年の夏の甲子園で話題になった、関東一高のオコエ選手。素晴らしい身体能力によって数々の驚異的なプレーを披露し話題になりました。でも私はずっと気になっていることがありました。

うちの高校にも50mを5秒台で走る選手は数名居ました。これまで甲子園に出てきた球児の中にもオコエ選手くらいのスピードを持った選手は居なかったわけではありません。でもオコエ選手ほど「何か驚異的なことをやってくれるんじゃないか?」と感じた選手は記憶にありません。何が違うのでしょう?

私は彼とは面識がないので想像でしかないですが、おそらく彼は「奇跡を起こせる」と思っているのでは?と思いました。東東京大会でセンター前ヒットを打った時、センター正面でありながら彼は二塁まで到達しました。このプレーは幾つかの条件が重ならないと起こりえません。

①打者走者の足が速い

②センターの定位置が深め

③打った瞬間から二塁まで全力疾走

彼は恐らく「一生懸命走れば何かが起こる」という体験を何度もしているので、スピードを緩めず二塁を狙えたのだと思います。せっかく高い身体能力を有していても、狙わなければできるプレーではありません。

レベルは違うものの誰にも「奇跡」を起こせる可能性はあるんだと思います。だからオコエ選手のようなプレーを説明する時は「身体能力が高いなぁ〜」という言葉で済ませず、「いつも狙っているからいざという時にできるんだな。」という言葉を添えて、子どもたちに伝えたいです。

「奇跡」とは「転がり込んでくるもの」ではなく「狙って起こすもの」だということを再認識しました。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手