• Baseball-Knowledge

忘れられない素敵な審判の話


私には忘れられない審判の方がいらっしゃいます。

大学時代に私が所属していたリーグの公認審判員の方です。

大学1年の頃、私はまだ中途半端な投手でした。力で押すのか、それともかわすのか?今思えばはっきりしない投球をする投手だったのですが、ある試合の後にその審判の方から

「それだけ球速があって、カーブもよく曲がる。なんでもっと攻めないんだ」

と指摘されたことがあったので、「次にあの人が審判の時は徹底的に攻めてみよう」と思って試合に望みました。

その方は普段はジャッジはとても正確です。しかし時々「勝負」を優先する人でした。2ストライク追い込んだ後、ちょっとすっぽ抜けた球がたまたまストライクゾーンに入っても判定は「ボール」。

逆にボール半個くらい外れていても、バッターが「しまった!」という顔をしていると「ストライク」のコール。自分の投球に対する満足度とジャッジが一致していたので、とてもリズムよく投げられることができました。恐らく大学の間に10試合前後その方が球審をしている時に投げましたが、ほぼすべての試合で2桁三振を奪い、卒業時にはリーグの奪三振記録を樹立するまでになりました。

その方は「終始一貫、正確なジャッジ」という観点では良い審判ではないのかも知れません。でも私にとって彼との出会いは投手として成長する上で欠かせない要素でした。そんな経験から「審判が選手の力を引き出すことがある」と今でも思っています。

ちなみにその方、2010年に国際野球連盟(IBAF)から最優秀審判員として表彰されました。もう20年近くお会いしていませんが、恩人とも言える方の名誉ある受賞を知りとても嬉しく思いました。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手