• Baseball-Knowledge

卒団生のプレーは指導スキルを高めるヒントの宝庫です!


チームを巣立った卒団生がグラウンドを訪れる。指導者にとっては懐かしさと嬉しさが同居する瞬間です。

「久しぶりだな」「大きくなったな」と感慨に浸ることと思いますが、卒団生のプレーには指導者としての大きなヒントが隠されています。

卒団生は以前、チームに所属していたわけですから、在籍当時のプレーは長所や課題など細かに記憶しているものです。「あの時教えたプレーを今も実践しているな」「あの癖、まだ直ってないな」など時間の経過に伴う「変化」に気づくと思います。この変化に気付くことが、今在籍している選手の「潜在的な課題」を発掘するためのヒントとなります。

卒団生は「現在指導している選手の将来像」かも知れないのです。

良い指導者の元には多数の卒団生が集まります。それは以下のスパイラルができているからではないでしょうか?

①指導した選手の「顕在化した課題」を解決する

②選手は指導者に感謝する

③選手は卒団した後もチームを訪れる

④指導者は直接指導していた当時からの成長や継続課題に気付く

⑤選手の「潜在的な課題」に対する感度が高まり、「選手の将来像」を予測するスキルが高まる

⑥現在、在籍している選手の指導技術に反映される

⑦現在指導している選手への指導スキルが高まる

①・・・(以下①〜⑦のスパイラルが完成する)

卒団生は自分の指導スキルを高めるヒントの宝庫だと思います。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示