• Baseball-Knowledge

「評価する」よりも「認める」ことを大切に


大人の世界でもそうですが、対人的に良好なコミュニケーションを行なう上で最初に取り組むべきことは「お互いを認める」ことだと言われます。人は相手に自分の存在を認められてこそ、相手に対して心を開きます

子どもも同じだと思います。「子どもだから」と見下さず「認める」ことで指導者に対して心を開き、良好な関係が築かれます

私にも印象的なエピソードがあります。リトルリーグの時、大事な場面で打席が回ってきました。当時の私はあまりバッティングが得意ではなく、打順も下位に位置することが多かったのですが、その日は代打を出されることもなくそのまま送り出されました。

当時はとにかく、監督に「ナイスバッティング!」と言われることだけを目標に日々バットを振り込んでいました。そしてその打席でタイムリーヒットを打つことが出来て、「これで『ナイスバッティング』と言ってもらえる」と塁上で喜んでいました。

しかし、攻撃を終えてベンチに戻った時、監督から言われた言葉は私が全く想定していない言葉でした。

「お前は去年の冬、誰よりもたくさんバットを振ってきた。あれだけ努力したんだ、打てない訳がない。」

結局『ナイスバッティング!』とは言ってもらえませんでしたが、私にとってはなぜか『ナイスバッティング!』と言われるよりもその監督さんの言葉が嬉しかったです。恐らく打撃技術よりも、自分自身を認めてもらえたと思ったからだと思います。監督さんとの距離がとても縮まったような感覚を得たのを覚えています。

プレーには善し悪しがあるので、何らかの「評価」をすることは不可避だと思います。しかし「性格」「こだわり」などは評価するものではなく、「認める」ものだと思います。そうすることで子どもたちとの距離も近くなると思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手