• Baseball-Knowledge

新たな目標が出現しました


月曜日(祝日)にボーイズの試合に帯同して試合へ。

対戦相手は過去に全国大会に出場経験もある強豪チーム。強豪チームの態度や野球に取り組む姿勢を学ぶことで、私も指導者として勉強できることを楽しみに試合会場に向かいました。

うちのチームは気合いが入り過ぎて試合よりもかなり前に到着して、試合会場で待機。そこに相手チームが登場。

さすが強豪チームだけあって専用のマイクロバスに乗っての登場でした。前を通るバスにまずはこちらから挨拶。これは当然。ところがその後信じられない光景が。。。

バスが停車したと思ったら選手がマイクロバスの窓を開け、窓から荷物を投げ出すように外に出し始めた。その中にはバットなどの野球道具もありました。マイクロバスの通路は狭くて、荷物を持って出るのが面倒なのはわかりますが、だからといって親に買ってもらった道具を投げるとは何事だ?チームの指導者であろうバスの運転手はその行為に対して何も咎めない。

試合ではある主力選手がサングラスを着用(これはルールで認められているので何の問題もありません)。試合が終わって試合終了後の挨拶の時にも着用していたサングラスは外さず。挨拶の時にサングラスを外すくらい人として常識じゃないのか?

私がこのチームの保護者だったらあの光景を見ただけで、どんなに強いチームだろうが絶対に我が子はそのチームを辞めさせます。親に買ってもらった道具を粗末に扱い、対戦相手や準備してくれている大会運営スタッフにちゃんと挨拶もできないような子どもに育って欲しくない!

しかし肝心の試合は負けてしまいました。

負けたら何も偉そうなことは言えません。

「あんなチームに負ける訳にはいかない!」

と指導者として新たな目標が出来ました。 次は絶対に勝ってやる!

あんなチームに負けるわけにはいかない!!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手