• Baseball-Knowledge

どんな選手になりたいか?


私は前職時代、人材系の仕事をしていました。 大学生を対象に就職斡旋や就活指導などを行なう仕事ですが、仕事柄大学生や企業の人事担当と話す機会が多々ありました。

その当時、ある企業の人事部長から

「最近の学生は『●●が得意』とか『●●がしたい』といったことを言って、こちらの気を引こうとする。だけどそんなことこっちは興味ないんだよね。『何をしたいか』よりも『どんな人になりたいか』そっちの方が大事だよ。」

というお言葉を頂きました。

私は「人が成長していくこと」の核心はココにあると思います。野球で言えば「ピッチャーやりたい」だけでなく「どんなピッチャーになりたいか?」が大事だと思います。想いを”強く”、そして”明確に”持つことが、その後の努力するポイントを明確にします。 夢や目標のない努力は、どこか空虚です。

人間は歳をとる程に「現実的」になっていきます。 子どもを指導している時、大人目線で子どもを見ていると「子どもに妥当な目標の達成」を求めることで、夢を見ることを諦めさせていないか?と、反省する時があります。

小学生の時って、「途方もない夢」を見てもいいんじゃないか?と思います。指導者も「ROOKIES」の川藤先生みたいに「夢を持て!」と生徒が呆れるくらい熱く語る、あの姿で良いのではないかと。

すみません。今日は脈絡のない話になりました。

この週末、私もグラウンドに立ちます。もっと子どもたちの成長に期待して、指導者が子どもたちの将来に夢を見る、そんなスタンスでグラウンドに立ちたい、という決意表明でした(^_^;


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手