• Baseball-Knowledge

良いチームに良いノッカーあり


「守備練習に多く時間を割いても守備が上達しない」という悩みを持つチームは少なからずあると思います。必ずとは言いませんが、多くの場合においてその原因はノックにあります。

ノックはノッカーがただ打っていれば選手の守備が上手くなるというモノではありません。ノッカーが選手の特性を把握したうえで課題を抽出し、課題解決のプロセスに位置づけなければなりません。

そして小学生の場合は、基本動作の修得が不十分なケースが多いので、緩い打球を打って、十分な動作時間や動作を意識する精神的な余裕を確保してあげることが必要です。

強い打球を打って「そんなのも捕れないのか!」と大声をあげて「選手を鍛えている」と思っている指導者は多いです。でも鍛えることは目的ではありません。あくまでも「守備力を高めるための手段」です。緩い打球の方が上記の理由で守備範囲の広さや思考力の成長において成果が高いです。


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手