• Baseball-Knowledge

掴み取ってこそ価値がある


うちのボーイズでは公式戦の度に背番号の入れ替えがあります。

そして先日の新チーム最初の大会、来月から始まる次の大会でも幾つかの1桁番号は「欠番」になっています。これは「レギュラーは与えるものではなく、自らの努力で掴み取るもの」という考え方に基づいています。

与えられたポジションには誇りも責任も芽生えません。

自らの努力で掴み取ってこそその過程に誇りを持ち、その価値を実感します。我々指導者も妥協せずに待つことにしています。

野球における背番号とはそれくらい重いものだと思います。選手がその重みを理解するためにも、指導者も大切に扱わなければなりません。

「欲しいものは努力して掴み取る」を身につけることで、子どもたちは自分の人生を自らの努力で切り拓いていく人になってくれると信じています。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示