• Baseball-Knowledge

肯定的な仮説を立てる


学童野球においては「状況判断ミス」「サインの見落とし」「ルールに対する理解不足」など、「直接的なプレー技術以外での要因」でチームに不利益をもたらすケースは多々あります。

これらは努力すれば克服できるものなので早期に改善したいです。原因を把握するためにも本人から話を聞きたいところですが、自発的に原因を話せるような子はそういうミスはしません。指導者に「聞き取りの能力」が問われますが、ここに「落とし穴」があるのです。

例えば2アウト2塁で緩い当たりのレフト前ヒットが出たとします。2塁走者の足を考えれば十分に本塁に生還できるケースでしたが3塁に止まりました。

その時に走者にとって「肯定的」「否定的」それぞれの仮説を持って質問した場合は以下のようになります。

(肯定的仮説)「今日はどこか身体の調子が悪いの?」

(否定的仮説)「ちゃんと全力疾走したのか?」

人間って自分に対しての「肯定的な仮説を否定する」方が「否定的な仮説を認める」よりも心理的ハードルが低いのです。「肯定的な仮説」をぶつけ続けると警戒心が解かれます。一方で否定的な仮説をぶつけ続けると、どんどん心を閉ざしていきます。これは大人でも同じ傾向があります。

選手に対して「肯定的な仮説を立てる」ことは良好なコミュニケーションを形成する第一歩だと思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手