• Baseball-Knowledge

上達は積極性の積み重ね


下の画像は一時期Facebookでも流行った”法則”です。

他人よりも1%多く努力した人と1%サボった人では1年間でこんなに差が付くという示唆です。では「真面目にやれば良いか?」というと、それだけでは不十分なのです。

よくいろんな方から「野球が上手くなるためには何が必要ですか?」という質問をされますが、その時に私はいつも「一番大切なのは『積極性』」と答えます。

スポーツには必ず「ルール」「セオリー」「作戦」などがあります。

年齢を重ねる程に高度な「ルール理解」「セオリーの理解」「作戦遂行」が求められます。

「ルール」については「知っている」というだけでなく、「如何にルールを活かしたプレーをするか?」が求められるようになります。

「作戦」も年々高度化します。それらを先天的な素質だけで対処するのはほぼ不可能で、「経験」を積むことが必要とされます。 他人よりも1%積極的に行動すれば、たくさんの経験を積むことが出来ます。経験は掛け算的に積上っていくので1年後には計り知れず成長します。

一方、1%消極的になってしまえば0.3にはならないまでも、積極的に行動した子とは大きな差が出てしまいます。子どもの1年は大人の数年に相当します。 子ども達が積極的にプレーするには、大人の後押しが必要です。指導者のサポートや保護者の声援は子ども達の積極性を育てます。 この週末も子ども達の積極性を精一杯後押しします!


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手