• Baseball-Knowledge

腰の位置②


今朝のアーリーワークでうちの息子の動画を撮影しました。 何度かバランスを崩して無様な状態になっているのでお恥ずかしい限りですが、こちらを元に説明します。

「腰を使う」とは「体重移動」を伴います。最初は軸足一本で立ち、片足でステップすることで体重移動を促すことが狙いです。

こうすると自然と腰が投手方向に向かっていくので、いわゆる「腰の入ったスイング」を修得しやすくなります。

この動画に登場するうちの息子は昨年、ボーイズでノーヒットだったくらいバッティングが苦手でしたが、この練習を取り入れたことで打球の飛距離が飛躍的に伸びました。 良かったらお試しください(^_^)

※大事なこと

この練習、大事なのは右打者の場合は「左側の壁」です。体重移動を左側の壁でしっかり受け止める感覚が得られれば、ある程度「腰を入れて打つ」という感覚が会得できると思います。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手