• Baseball-Knowledge

雑用は誰の仕事?


「下級生は雑用を・・・」というチームは多い。

一方で「雑用に上下関係はない」と言って全員に等しく雑用を課すチームも多くなっています。私は「雑用は1年生が率先してやるべき」と思います。

それは「上級生が楽するため」「上下関係をつけるため」など、そういう理由ではないです。「雑用」は1年生にとって「絶好のアピールの場」だからです。

私も高校1年生の時は、3年生にとてもたくさんの雑用を押し付けられました。でも率先して取り組むことで上級生から、

①雑用の仕事ぶりを誉められる

       ↓  

②プレーを見てくれるようになりアドバイスがもらえる

       ↓  

③居残り練習に誘ってくれたり付き合ってくれる

       ↓  

④打撃投手に指名される

       ↓  

⑤遠征に帯同させてもらえるようになる

といった感じで、どんどん機会をもらえるようになりました。

同じ中学出身の先輩がいなかった私にとって、それはとても大切な「機会」でした。

子ども達には「機会を広く捉え、何でもひたむきに取り組む姿勢」を身につけてもらいたいです。1年生の時はその習慣を身につけるよいチャンスです。

「機会」としての「演出」も指導者の腕の見せ所だと思います。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手