• Baseball-Knowledge

用具の手入れ


私が所属していたリトルリーグの監督さんは

「良い選手は必ずと言っていい程、用具の手入れをちゃんとやっている」

と言っていました。 理由は分かりませんでしたが「用具を手入れすると野球が上手くなる」と勝手に解釈して一生懸命用具の手入れをしました。

「用具の手入れ」には

①「物を大切にする心」が形成される

②用具の不調(グローブの紐が切れている、など)を早く察知することができる。

③プレーの精度が上がる

この3つの効果があると思います。

①②はともかく、③は「何で?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

グローブの手入れをちゃんとやっていると、

「自分のグローブのポケットはどの辺にあるのか?」

「他人のグローブに比べてポケットが狭い?」

「グローブのこの部位で捕球するといい音が鳴る」

など用具の構造を深く理解するようになります。

野球は用具を使うスポーツなので、フィジカルな能力が高くても用具の使い方でプレーの精度が大きく変わります。用具の構造を理解することは重要なことだと思います。

今日も関東地方は雨です。グラウンドで練習ができないなら、「みんなで用具手入れの日」にするのも悪くないと思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手