• Baseball-Knowledge

左打ち選手の指導について


イチロー選手、松井秀喜選手、そして最近では大谷翔平選手などの影響で「右投左打」の選手はとても多いですよね。

ところが小柄な小学生が「右投左打」をやると、左手の筋力が弱いことが原因でヘッドが走らず、流し打ちになってしまうケースが多い。 私はこれを「流し打ち」とは呼ばず「流れ打ち」と呼びます。

学童野球の指導者はこの「流れ打ち」を「上手い!」と賞賛する傾向が強いです。

その結果、「流し打ち」ばかりを練習して、ライト方向に打てない左打者が増えているように思います。

私は現役時代投手だったので投手の立場から言及すると、「ライトに打てない左打者」ほど打ち取りやすい打者は居ません。ひたすらインコースを投げるだけでかなり高い確率で一塁ゴロ、ニ塁ゴロに打ち取れます。

イチロー選手は流し打ちの上手さが目立つ選手ですが、投手から見ると「甘い球はライトスタンドに持って行かれる」という恐怖心が彼の攻略を難しくしています。

そのイチロー選手は愛工大明電に入学した時に「センター前なら何時でも打てる!」と自ら豪語したと言います。裏を返せば、それだけセンター返しを練習していたということです。小学生に高度な技術なんて要りません。難しい球を高い技術で打とうとするより、ひたすらセンター返しを指導しましょう。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大変ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの投稿となりました。 まずは私の近況から。 昨年、長年指導に携わっていたボーイズのチームからポニーのチームに移籍しました。 現在指導に携わっているチームは『Player's Future First』を徹底し、指導者自身が積極的に学ぶ姿勢を継続するスタッフに囲まれて、私自身、一層野球が好きになりました。チームの理念に賛同する選手も徐々に増え、夏にはポニーの選手